ようこそゲストさん

特に重要なセキュリティ欠陥・ウイルス情報

メッセージ欄

分類 【Mac】 で検索

一覧で表示する

2018/01/24(水) macOS 更新 (High Sierra 10.13.3 等)および Safari 更新(11.0.3)公開

Mac

macOS High Sierra 10.13.3、Security Update 2018-001 Sierra、Security Update 2018-001 El Capitan および Safari 11.0.3 が 1 月 23 日付で公開されました。セキュリティ更新が含まれています。

ご利用の方は更新してください。


2018.01.25 追記

ESET のアンチウイルス製品をインストールしている環境に Security Update 2018-001 Sierra または Security Update 2018-001 El Capita を適用すると、OS の再起動が繰り返されるそうです。この現象は High Sierra 10.13.3 では発生しないそうです。

対応策として、セーフモードで起動し sudo rm -rf "/Library/Application Support/ESET/esets/modules/em040_32.dat" を実行して再起動する方法が示されています。

2017/09/20(水) Mac 用の端末アプリ iTerm2 に欠陥、パスワードなどをDNSサーバーに送信してしまう

Mac

Mac 用の端末アプリ iTerm2 に、パスワードなどを DNS サーバーに送信してしまう欠陥があることが判明しました。

Preferences → [Advanced] → [Sematic History] → [Perform DNS lookups to check if URLs are valid?] オプションが yes の場合(既定値で yes のようです)、パスワードなどが予期せず DNS サーバーに送られることがあります。DNS を通じてパスワードなどが漏洩するおそれがあります。

最新版の iTerm2 v3.1.1 では既定値で no に変更されています。最新版に更新するか、あるいは上記オプションを no に設定してください。

2016/05/17(火) OS X El Capitan v10.11.5、Security Update 2016-003 公開

Mac

OS X El Capitan v10.11.5、および OS X Yosemite v10.10.5・Mavericks v10.9.5 用の Security Update 2016-003 が公開されました。67 件のセキュリティ欠陥が修正されています。

ご利用の方は、ソフトウェアアップデートを使って更新してください。

関連キーワード: El CapitanYosemiteMavericks

2016/05/17(火) Safari 9.1.1 公開

Mac

OS X El Capitan v10.11.5、Yosemite v10.10.5、Mavericks v10.9.5 用の Safari 9.1.1 が公開されました。7 件のセキュリティ欠陥が修正されています。

ご利用の方は、ソフトウェアアップデート を使って更新してください。

関連キーワード: Safari

2016/02/16(火) Mac 版 Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション 3.5.0.206 に欠陥、特定のフォルダ内のファイルが全て削除される

Mac

2016年2月11日に更新された Mac 版 Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション 3.5.0.206 に欠陥が発見されました。特定のフォルダ内のファイルが全て削除されるというものです。

具体的には、

  1. Mac 版 Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション 3.5.0.206(2016年2月11日公開)をインストールした、あるいは起動して Creative Cloud にログインした場合に、
  2. ルートディレクトリ(/)に存在する不可視フォルダ(ドット . ではじまる名前のフォルダ)の中で、名前順でソートした場合に先頭となるフォルダの中のファイルが、全て削除されてしまいました。

詳細については、Macのルートディレクトリにあるデータを削除してしまうAdobe Creative Cloudアプリの不具合に影響を受けたかを確認する方法(Apple ちゃんねる)を参照してください。

最新の Mac 版 Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション 3.5.1.209(2016年2月14日公開)では、この欠陥は修正されています。

削除されたファイルは、Time Machine などを使って、バックアップから復旧するしかありません。