ようこそゲストさん

特に重要なセキュリティ欠陥・ウイルス情報

2018/10/17(水) Java SE 8 Update 191 / 192、Java SE 11.0.1 LTS 公開

マルチOS

Java SE 8 Update 191 / 192、Java SE 11.0.1 LTS が 10 月 17 日に公開されました。12 件のセキュリティ欠陥が修正されています。Java SE をご利用の方は更新してください。

ご利用の方は更新してください。

関連キーワード: Java

2018/10/17(水) Microsoft 2018 年 10 月月例セキュリティ更新プログラム

マルチOS

Microsoft から 2018 年 10 月の月例セキュリティ更新プログラムが 10 月 10 日に公開されました。Internet Explorer / Edge, Windows, Office, SharePoint, ChakraCore, .NET Core, SQL Server Management Studio, Exchangeに関するセキュリティ欠陥が修正されています。

Windows Update / Microsoft UpdateWindows Software Update Services (WSUS) などを利用して更新プログラムをインストールしてください。「毎月第 2 火曜日 (米国時間) は Windows Update の日」に更新方法に関する情報をまとめてあります。また、自動更新を利用する場合は「自動更新について」を参照してください。再起動を促された場合には、再起動してください。

2018/10/10(水) Apple 関係更新 (iOS, iCloud for Windows)

マルチOS

Apple から iOS, iCloud for Windows の更新版が 10月9日に公開されました。セキュリティ修正を含みます。

ご利用の方は、更新してください。

2018/10/04(木) macOS Mojave 10.14 への SEP 対応について

Mac

macOS の最新版、Mojave 10.14 が公開されました。

龍大標準のアンチウイルスソフト Symantec Endpoint Protection (SEP) は 14.2 MP1 で対応となります。準備ができるまで、もうしばらくお待ちください。

今すぐ Mojave 10.14 にアップグレードしたい場合は、その前に SEPをアインインストールしておいてください。

Mojave に限らず、macOS のメジャーアップグレード (例: 10.12 から10.13) を行う場合は、「アップグレード後にログや SEP コンポーネントの破損が起こる場合があるため」、一旦 SEP をアンインストールし、アップグレード後に対応済みバージョンを再インストールしてください。参照: SEP for Mac の FAQ

2018/10/03(水) Windows 10 October 2018 Update (version 1809) について

Windows

Windows 10 October 2018 Update (version 1809) が公開されました。

龍大標準のアンチウイルスソフト、Symantec Endpoint Protection (SEP) の対応状況は不明です。

今すぐ Windows 10 October 2018 Update を適用したい場合は、一旦 SEP をアンインストールしておいた方が無難でしょう。この場合、アンチウイルス機能については Windows 10 標準の Windows Defender をご利用ください。

2018.10.04 追記

Windows 10 October 2018 Update (version 1809) および WindowsServer 2019 には SEP 14.2 MP1で対応となります。リリースノート

もうしばらくお待ちください。

2018.10.10 追記

Windows 10 October 2018 Update (version 1809) を適用すると、ファイルが削除されることがあるとの報告があり、現在、配布が中断されています。

Windows 10 October 2018 Update (version 1809) の適用は、当面行わないでください。