ようこそゲストさん

特に重要なセキュリティ欠陥・ウイルス情報

メッセージ欄

『Windows』 で検索

2017/10/26(木) Symantec Endpoint Protection 14.0.1 登場

龍谷大学では、Windows・Mac・Linux 用のアンチウイルスソフトとして Symantec Endpoint Protection (SEP) を導入しています。最新版は 14.0.1 (Windows, Mac, Linux) となります。SEP 14.0.1 では Windows 10 バージョン 1709 (Fall Creaters Update)、macOS High Sierra 10.13 に対応しました。

Windows 版 SEP では、更新通知に従うか、あるいは手動での更新で 14.0.1 にアップデートできます。Mac 版でも、14 系列をインストールしている場合は更新通知がなされます(手動での更新も可能です)。Mac 版 12.x からの更新については手動で実施してください。Linux 版についても手動で実施してください。SEP インストーラーは Symantec Endpoint Protection 関連ドキュメント からダウンロードできます。

2017/10/19(木) Flash Player 27.0.0.170 公開

マルチOS

Flash Player 27.0.0.170 が 10 月 16 日に公開されました。1 件のセキュリティ欠陥が修正されています。

次のバージョンが最新となります。

プラットホームバージョン
Desktop Runtime (Windows, Mac)27.0.0.170
Google Chrome (Windows, Mac, Linux, Chrome OS)27.0.0.170
Windows Server 2012 の Internet Explorer 1027.0.0.170
Windows 8.1 / Server 2012 R2 / RT 8.1 の Internet Explorer 1127.0.0.170
Windows 10 / Server 2016 の Internet Explorer 11 / Edge27.0.0.170
Linux27.0.0.170

Flash Player は狙われやすいソフトウェアの1つです。利用している方は速やかに更新してください。

なお、Flash Player 11.2 (Windows) / 11.3 (Mac OS X) 以降に備わっている自動更新機能については、Flash Player の自動更新について を参照してください。


Flash Player for Windows / Mac / Linux

Flash Player 27.0.0.170 は Adobe のダウンロードページから入手できます。また Windows / Mac / Linux 用のバイナリについて RINS web ページでも配布しています (学内からのみ入手可)。

プラットホームダウンロード
Windows (27.0.0.170)Internet Explorer (ActiveX) 用EXE ファイルMSI ファイル
Firefox (NPAPI プラグイン) 用EXE ファイルMSI ファイル
Opera (PPAPI プラグイン) 用EXE ファイルMSI ファイル
Mac (27.0.0.170)OS X 用DMG ファイル
Opera (PPAPI プラグイン) 用DMG ファイル
Linux (27.0.0.170)Firefox (NPAPI プラグイン) 用 RPM32bit 版64 bit 版
Firefox (NPAPI プラグイン) 用 tar.gz32bit 版64 bit 版
Opera (PPAPI プラグイン) 用 RPM32bit 版64 bit 版
Opera (PPAPI プラグイン) 用 tar.gz32bit 版64 bit 版

以下にご注意ください。

  • Flash Player 26 系列以前の更新は終了しました。Flash Player 27 系列に移行するか、あるいはアンインストールしてください。
  • Flash Builder、Flash Catalyst、Flash Professional 等開発ツール用のFlash Player はAdobe Flash Player Support Centerからダウンロードしてください。
  • Google Chrome に内蔵されている Flash Player は自動的に更新されます。ただし、Chrome 本体とは異なり、すぐには更新されないようです。強制的に更新することもできません。利用者は Flash Player が上記のバージョン以降に更新されていることをchrome://plugins から確認してください。更新されていない場合は、更新されるまで無効に設定することを推奨します。
  • Windows Server 2012 の Internet Explorer 10 専用版の Flash Player、Windows 8.1 / Server 2012 R2 / RT 8.1 の Internet Explorer 11 専用版の Flash Player、Windows 10 / Server 2016 の Internet Explorer 11 / Edge 用の Flash Playerの更新は Microsoft から提供されます。Microsoft UpdateMicrosoft Windows Software Update Servicesなどを利用して更新してください。Windows 7 のInternet Explorer 11 では、専用版ではなくInternet Explorer 汎用版を使用します。
  • Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 の Flash Player については「デスクトップ エクスペリエンス」機能をインストールしている場合にのみ利用可能となります。また Windows Server 2016 では「リモート デスクトップ セッション ホストの役割」をインストールする必要があります。
  • Mac でインストールが途中で止まってしまう場合は、こちら を参照してください。

Flash Player for Android

Android 用の Flash Player の更新は終了しました。詳細は、Archived Flash Player versions の Flash Player for Android 4.0 archives と Flash Player for Android 2.x and 3.x archives を参照してください。


Flash Player バージョン確認方法

現在使用している Flash Player のバージョンは About Flash Player ページ (adobe) で確認できます。Internet Explorer、Firefox・Safari、Chrome、Opera とで個別に確認する必要があります。

関連キーワード: Flash Player

2017/09/20(水) システムメンテナンスツール「CCleaner」の改竄版が配布される

Windows

古くから広く利用されているシステムメンテナンスツール「CCleaner」の改竄版が正規サーバーから配布されるという事態が発生しました。

改竄されたのは CCleaner v5.33.6162 32-bit 版 (2017.08.15 公開) と CCleaner Cloud v1.07.3191 32-bit 版 (2017.08.24 公開) です。改竄版の CCleaner を実行すると、コンピューター名、IP アドレス、インストール済ソフトウェア一覧 (Windows アップデートを含む)、動作中プロセス一覧、最初の 3 つのネットワークアダプタの MAC アドレス、付随する情報 (プロセスが管理者権限を持つかどうか、64-bit システムかどうか、など) が外部に漏洩します。理工学部でも、改竄版の CCleaner の存在を確認しています。

龍大標準のアンチウイルスソフト Symantec Endpoint Protection は既に改竄版 CCleaner に対応しています。Trojan.Sibakdi として検出します。

CCleaner v5.34 および CCleaner Cloud 1.07.3214 は安全であることが確認されています。最新版をご利用ください。

2017/09/20(水) 各種 OS の Bluetooth 実装に欠陥、外部から勝手に機器を操作される

マルチOS

各種 OS の Bluetooth 実装に“BlueBorne”と呼ばれる欠陥があり、外部から勝手に情報を取得されたり機器を操作されたりされる恐れがあることが判明しています。

Bluetooth 機能を無効に設定すれば、この欠陥は回避できます。不要な場合は、Bluetooth 機能は無効に設定してください。

各種 OS での状況を以下に示します。

Android

Android Security Bulletin—September 2017 の patch level 2017-09-01 で修正されています。各社の Android デバイスにおいてどのような対応状況かについては、各社にそれぞれご確認ください。

Google Play で確認ツール BlueBorne Vulnerability Scanner by Armis が公開されています。これによって欠陥の有無を確認できます。

iOS

iOS 10.x、tvOS 10.x では修正されています。最新の iOS、tvOS を利用してください。iOS 9.3.5 以前、tvOS 7.2.2 以前には欠陥があります。

Windows

Microsoft 2017 年 9 月 月例セキュリティ更新プログラムで修正されています。Windows Update などを利用して更新プログラムをインストールしてください。

Linux

各ディストリビューションから Bluetooth および・または Kernel の修正パッケージが配布されています。各ディストリビューション付属の更新ツールを利用して更新してください。

2017/09/20(水) Flash Player 27.0.0.130 公開

マルチOS

Flash Player 27.0.0.130 が 9 月 13 日に公開されました。2 件のセキュリティ欠陥が修正されています。

次のバージョンが最新となります。

プラットホームバージョン
Desktop Runtime (Windows, Mac)27.0.0.130
Google Chrome (Windows, Mac, Linux, Chrome OS)27.0.0.130
Windows Server 2012 の Internet Explorer 1027.0.0.130
Windows 8.1 / Server 2012 R2 / RT 8.1 の Internet Explorer 1127.0.0.130
Windows 10 / Server 2016 の Internet Explorer 11 / Edge27.0.0.130
Linux27.0.0.130

Flash Player は狙われやすいソフトウェアの1つです。利用している方は速やかに更新してください。

なお、Flash Player 11.2 (Windows) / 11.3 (Mac OS X) 以降に備わっている自動更新機能については、Flash Player の自動更新について を参照してください。


Flash Player for Windows / Mac / Linux

Flash Player 27.0.0.130 は Adobe のダウンロードページから入手できます。また Windows / Mac / Linux 用のバイナリについて RINS web ページでも配布しています (学内からのみ入手可)。

プラットホームダウンロード
Windows (27.0.0.130)Internet Explorer (ActiveX) 用EXE ファイルMSI ファイル
Firefox (NPAPI プラグイン) 用EXE ファイルMSI ファイル
Opera (PPAPI プラグイン) 用EXE ファイルMSI ファイル
Mac (27.0.0.130)OS X 用DMG ファイル
Opera (PPAPI プラグイン) 用DMG ファイル
Linux (27.0.0.130)Firefox (NPAPI プラグイン) 用 RPM32bit 版64 bit 版
Firefox (NPAPI プラグイン) 用 tar.gz32bit 版64 bit 版
Opera (PPAPI プラグイン) 用 RPM32bit 版64 bit 版
Opera (PPAPI プラグイン) 用 tar.gz32bit 版64 bit 版

以下にご注意ください。

  • Flash Player 26 系列以前の更新は終了しました。Flash Player 27 系列に移行するか、あるいはアンインストールしてください。
  • Flash Builder、Flash Catalyst、Flash Professional 等開発ツール用のFlash Player はAdobe Flash Player Support Centerからダウンロードしてください。
  • Google Chrome に内蔵されている Flash Player は自動的に更新されます。ただし、Chrome 本体とは異なり、すぐには更新されないようです。強制的に更新することもできません。利用者は Flash Player が上記のバージョン以降に更新されていることをchrome://plugins から確認してください。更新されていない場合は、更新されるまで無効に設定することを推奨します。
  • Windows Server 2012 の Internet Explorer 10 専用版の Flash Player、Windows 8.1 / Server 2012 R2 / RT 8.1 の Internet Explorer 11 専用版の Flash Player、Windows 10 / Server 2016 の Internet Explorer 11 / Edge 用の Flash Playerの更新は Microsoft から提供されます。Microsoft UpdateMicrosoft Windows Software Update Servicesなどを利用して更新してください。Windows 7 のInternet Explorer 11 では、専用版ではなくInternet Explorer 汎用版を使用します。
  • Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 の Flash Player については「デスクトップ エクスペリエンス」機能をインストールしている場合にのみ利用可能となります。また Windows Server 2016 では「リモート デスクトップ セッション ホストの役割」をインストールする必要があります。
  • Mac でインストールが途中で止まってしまう場合は、こちら を参照してください。

Flash Player for Android

Android 用の Flash Player の更新は終了しました。詳細は、Archived Flash Player versions の Flash Player for Android 4.0 archives と Flash Player for Android 2.x and 3.x archives を参照してください。


Flash Player バージョン確認方法

現在使用している Flash Player のバージョンは About Flash Player ページ (adobe) で確認できます。Internet Explorer、Firefox・Safari、Chrome、Opera とで個別に確認する必要があります。

関連キーワード: Flash Player