「Microsoft 教育機関向けライセンスプログラム」の理工学部研究室・実験室設置パソコンでの利用について

Last modified: Thu Aug 3 14:29:12 2017 +0900 (JST)


 龍谷大学では Microsoft 社と教育機関向けのライセンス契約 (EES) を行っており、関連するソフトウェアを計算機実習室などで利用しています。
 このたび、情報メディアセンターとの交渉により、後述の条件の下で、理工学部の研究室・実験室に設置されたパソコンでも Office 2016 を利用できるようになりましたのでお知らせいたします。

 EES ライセンスの理工学部内における利用に関しては、RINS 運営委員会が管理を行っています。同様に大学でライセンス契約を結んでいる Office 365 と比べて、インストール先や利用者などに制限があります。どちらが適切かよく検討した上で、利用してください。

  1. 利用できるソフトウェア

    • Microsoft Office Professional Plus 2016

    • Microsoft Office 2016 for Mac

  2. 利用できる期間

    • 申請を行った年度内 (4月1日〜翌年3月31日) に限ります。

    • 利用を延長したい場合は、年度始めに再申請を行ってください。

    • 龍谷大学が Microsoft 社との契約を終了した場合は、その時点で利用不可となります。

  3. 利用できる計算機

    • 大学経費で購入され、研究室・実験室に設置されたパソコン。利用者は学生・教員に限ります(外来者は利用できません)。

    • 個人所有の持ち込みパソコンは対象外です。

    • インストール時に学内 LAN に接続されている必要があります。 随時、学内のライセンスサーバーを参照し、認証のプロセスが発生します。

  4. インストールのための手順

    • 申請書 (WordPDF) の 1 枚目に必要事項を記載し、RINS 担当教員 (1号館 443 室) に提出してください。

    • 申請書と引き換えに、RINS 担当教員からインストール用メディア (USB メモリーまたは DVD) を借用してください。

    • 作業終了後、速やかにメディアを返却してください。

    • 利用を延長したい場合は、年度毎に再申請を行ってください。

    具体的なインストール方法については、上記申請書の 2 枚目を参照してください。



RINS WWW Administrator <www-admin@www.st.ryukoku.ac.jp>