基本的な設定

Last modified: Thu Mar 30 19:12:12 2017 +0900 (JST)


主に学内のクライアント機向けの、基本的な設定の一覧です。

IP アドレス関連の設定

IP アドレス
各学科・組織の IP アドレス管理担当者にお問いあわせください
サブネットマスク
255.255.255.128
デフォルトゲートウェイ (デフォルトルート、デフォルトルータ)
IP アドレスが 133.83.x.y のとき、y < 128 なら 133.83.x.126、そうでなければ 133.83.x.254
DNS サーバーアドレス
133.83.1.3
133.83.1.5
133.83.4.6
WINS サーバーアドレス (実験的サポート)
133.83.35.55

 一部のプライベートアドレス空間では、サブネットマスクを 255.255.255.0 で運用しています。この場合、デフォルトゲートウェイは xxx.xxx.xxx.254 になります。

時刻同期 (NTP) の設定

設定内容

1 つしか設定できない場合 ntp.st.ryukoku.ac.jp
複数設定できる場合 ntp-1.st.ryukoku.ac.jp
ntp-2.st.ryukoku.ac.jp
ntp-3.st.ryukoku.ac.jp

設定する場所

Windows 「日付と時刻」コントロールパネルの [インターネット時刻] タブの設定 (画面例)
Mac OS X 「システム環境設定」の [日付と時刻] タブにある [日付と時刻を自動的に設定] 欄 (画面例)
Linux ntpd パッケージをインストールし、ntpd が起動されるように設定し、/etc/ntp.conf に次のように記述。
    server   ntp-1.st.ryukoku.ac.jp
    server   ntp-2.st.ryukoku.ac.jp
    server   ntp-3.st.ryukoku.ac.jp
Red Hat Enterprise Linux における /usr/bin/system-config-time のように、個別の設定ユーティリティが用意されている場合もある。

web ブラウザの設定

自動構成スクリプトを使用する場合:

https://www.st.ryukoku.ac.jp/proxy.pac

手動で設定する場合:

プロキシ設定
種類 使用するプロキシのアドレス ポート
HTTP cache.st.ryukoku.ac.jp 8080
Secure (SSL) cache.st.ryukoku.ac.jp 8080
FTP cache.st.ryukoku.ac.jp 8080
Socks socks.st.ryukoku.ac.jp 1080
プロキシ除外アドレス
Internet Explorer の場合: localhost;127.*;133.83.*;10.*;172.19.*;172.31.*;192.168.*;adfs.ryukoku.ac.jp
Firefox の場合: localhost, 127.0.0.0/8, 133.83.0.0/16, 10.0.0.0/8, 172.16.0.0/12, 192.168.0.0/16, adfs.ryukoku.ac.jp
(学外にサーバーを設置する事例が複数発生しているため、*.ryukoku.ac.jp を削除し adfs.ryukoku.ac.jp を追加しました)

各 web ブラウザにおけるプロキシ設定の詳細については、以下を参照してください。

学内の Windows において Windows Update あるいは自動更新を利用するには、この他に WinHTTP のプロキシ設定が必要となります。詳細は、 Windows Update に関する注意 (http://www.st.ryukoku.ac.jp/security/windows/wu/) を参照してください。 Office 2013 ダウンロード版のインストールにも、この設定が必要です。

自動構成スクリプトを使用する場合、WinHTTP のプロキシ設定の import proxy source=ie は効きません。

電子メールソフトの設定

理工学部共通メールサーバー rins.st.ryukoku.ac.jp を使う場合の設定です (理工学部教員向け)。

電子メールアドレス ユーザ名@rins.ryukoku.ac.jp
受信メール (POP3) サーバー rins.st.ryukoku.ac.jp
送信メール (SMTP) サーバー rins.st.ryukoku.ac.jp

rins.st は SSL 経由の POP3 / SMTP (POP3S / SMTPS) に対応しています。 Outlook Express など SSL 経由の POP3 / SMTP を利用できる電子メールソフトの場合は、 SSL を利用するよう設定すると、通信路が暗号化され安全性が増します。たとえば Outlook Express では、 インターネットアカウントのプロパティの [詳細設定] タブで、

と設定すると、SSL を利用するようになります。

また SMTP 認証 (SMTP AUTH) を設定すると、学外からでも任意の宛先のメールを送ることができるようになります。Outlook Express で SMTP 認証を設定するには、インターネットアカウントのプロパティの [サーバー] タブで、「このサーバーは認証が必要」をチェックします。ただし、SMTP 認証を利用するには、上記した SSL 利用の設定が必須となりますので注意してください。

なお、rins.st のパスワードを変更するには、

してください。なお、web インターフェイスには学内からしか接続できません。

情報メディアセンターが運営する教育・学習用メールサービス (龍大 Gmail) を利用する場合は、Web インターフェイス (https://mail.google.com/a/mail.ryukoku.ac.jp) を利用するか、電子メールソフトで次のように設定してください。

電子メールアドレス ユーザ名@mail.ryukoku.ac.jp
受信メール (POP3S) サーバー gpop.ryukoku.ac.jp ポート 995
受信メール (IMAPS) サーバー gimap.ryukoku.ac.jp ポート 993
送信メール (SMTPS) サーバー gsmtp.ryukoku.ac.jp ポート 465

暗号化 (SSL) 対応のサーバーになっていますので、設定時には注意してください。 龍大 Gmail については、 Gmailの利用に関するFAQ (http://www.media.ryukoku.ac.jp/kyoto/faq.html#gmail) も参照してください。

各学科・各研究室で個別に管理されているメールサーバーを利用する場合の設定は、そのメールサーバーの管理者にお問いあわせください。

Windows Media Player の設定

ストリーミングプロキシ
プロトコル プロキシ
HTTP web ブラウザのプロキシ設定を使う
MMS プロキシサーバーを使わない (理工学部では MMS プロトコルに対応していません)
RTSP アドレス: rtsp-proxy.st.ryukoku.ac.jp
ポート: 554

QuickTime Player の設定

ストリーミングプロキシ
プロトコル プロキシ
SOCKS サーバー socks.st.ryukoku.ac.jp
ポート ID: 1080
HTTP プロキシサーバー cache.st.ryukoku.ac.jp
ポート ID: 8080
RTSP プロキシサーバー rtsp-proxy.st.ryukoku.ac.jp
ポート ID: 554

Real Player の設定

ストリームプロキシ設定
プロトコル プロキシ
PNA プロキシ なし (理工学部では PNA プロトコルに対応していません)
RTSP プロキシ プロキシアドレス: rtsp-proxy.st.ryukoku.ac.jp
ポート: 554
HTTP プロキシ システムのインターネット接続プロキシ設定を使用する

FFFTP (FTP クライアント) の設定

SOCKS を使う場合

FireWall のタイプ SOCKS5 (認証なし)
FireWall ホスト socks.st.ryukoku.ac.jp
ポート 1080

SOCKS を使わない場合

FireWall のタイプ USER ユーザ名@ホスト名
FireWall ホスト ftp-proxy.st.ryukoku.ac.jp
ポート 8021

SOCKS に対応しているソフトウェアの設定

SOCKS 設定

SOCKS サーバー socks.st.ryukoku.ac.jp
SOCKS ポート番号 1080
SOCKS バージョン バージョン 5 (SOCKS5)

SOCKS バージョン 4 (SOCKS4) にも対応していますが、バージョン 5 の方が高機能です。利用できる場合はバージョン 5 を選択してください。

その他

アンチウィルスソフトのインストールなどについては、 ウイルス対策などについて (http://www.st.ryukoku.ac.jp/connect/virus.html) を参照してください。


RINS WWW Administrator <www-admin@www.st.ryukoku.ac.jp>