先端理工学部学生用 VPN

Last modified: Mon Aug 23 16:12:45 2021 +0900 (JST)


概要

 先端理工学部の学生が利用できる VPN (Virtual Private Network) 装置です。 自宅など学外から接続しているにもかかわらず、あたかも学内から接続しているかのように見せかけることができます。 VPN を利用することで、学内のみに公開しているネットワーク資源や計算機資源を学外から利用できるようになります。

想定している利用者

 研究室に配属された学生の利用を想定しています。 VPN 接続に必要となる IPsec 事前共有鍵 (事前共有キー、共有シークレット) は、所属する研究室の指導教員を経由して入手してください。 (指導教員の方へ: IPSec 事前共有鍵は、Teams (@office) 「先端理工学部」チームの「RINS への問い合わせ窓口」チャネルにある「VPN FAQ」タブに記載されています)

利用マニュアル

 次のリンクから閲覧できます。

 上記の閲覧には認証が必要です (ユーザー名: 龍大 gmail アドレス、パスワード: 龍大 gmail パスワード)。

 龍大用マニュアルが準備できていない機種については、たとえば IIJ SEIL が公開している L2TP/IPsec VPN マニュアルを参考にしてください。設定項目の概要は上記マニュアルのそれぞれ 2 枚目に書かれています。

うまく利用できない環境

 現在、龍谷大学では IPv4 しか使えません。従って、VPN 接続元のネットワークが IPv6 化され、IPv4 への接続については IPv4 over IPv6 で対応されている場合、先端理工学部の VPN には接続できません。

 このような場合には、SSH (RIGS) の利用など、他の手段の利用を検討してください。


RINS WWW Administrator <www-admin@www.st.ryukoku.ac.jp>